薬剤師の求人を探す際には子どもの保育園も要チェック!

子どもがいるママにとって、育児や家事をこなしながらの就活は時間も限られており、通常の就活よりも時間がかかるでしょう。しかし、資格の有無によってはスムーズに就職先が見つかる可能性もあります。特にワーキングマザーの職種として人気の高い薬剤師は、専門性が高いために給料も良く、待遇の良い求人も少なくありません。

ここでは、子どもを持つママが薬剤師としての求人を探す際に注意すべき点について紹介します。

老人保健施設の薬剤師の求人についての基礎知識

薬剤師は働くママの職種として人気が高い!

薬剤師という職業は、一言で表すならば「薬剤のプロフェッショナル」です。薬剤を取り扱う専門職として、患者に対して調剤や服薬指導、医薬品の販売を行います。薬学部を卒業後、薬剤師国家資格に合格して免許を取得する必要があり、薬だけでなく医療に関する知識も備えなければなりません。

簡単に取得できる資格ではないため、薬剤師の資格を持っていることは就活に際して有利だと言えるでしょう。せっかく勉強して取得した資格を生かさない手はありません。薬剤師であれば、正社員だけでなく派遣社員やパートなどの求人も多く、「社員として働きたいけれど時短制度を利用したい」や「土日は必ず休みたい」といった希望も相談次第で実現できるでしょう。

また、専門性の高い資格であるため、給与も高いのが魅力です。薬剤師の平均年収はおおむね500万円で、全体の平均年収を上回る給与がもらえるでしょう。薬剤を扱う薬剤師という仕事は医療とも密接に関わり、景気に左右されることも少ないため、安定した仕事という点でも人気です。

高齢化が進み医療が進歩する中で薬剤に対する関心も高まっており、将来性も期待できるでしょう。時短やフレックス制など働き方が多様化する中で、薬剤師といった専門的な仕事の働き方も変化しています。薬剤師の資格があるのに働いていない潜在的な薬剤師が働きやすいよう、働く時間や待遇も工夫を凝らした求人が多いため、家庭と仕事の両立ができるか悩むママにこそ薬剤師という仕事は適しているでしょう。

専門性の高い薬剤師が求められる職場はさまざま

薬剤師は薬剤を扱う資格のため、基本的に薬剤や医薬品を扱う施設における求人が豊富です。代表的な職場としては、病院、調剤薬局、ドラッグストア、行政機関、製薬会社などの一般企業が挙げられるでしょう。まず病院では、薬剤師は医師の処方箋に基づいて薬を調剤する調剤業務をはじめ、医療用医薬品を管理したり注射調剤業務などを担ったりします。

また、入院患者への服薬指導や医師に対する医薬品の情報提供を行うなど、病院内の医薬品に関わるあらゆる業務に携わります。次に調剤薬局での薬剤師の仕事は、調剤業務や服薬指導、さらに患者の過去の服薬記録を管理したり、処方箋について医師に問い合わせたりする業務を行うことが一般的です。

医療用医薬品の管理や、医師の処方箋がなくても購入できる一般用医薬品の販売を行うのも調剤薬局ならではの仕事でしょう。ドラッグストアにおいては、一般用医薬品の管理や販売が主な仕事内容です。一般用医薬品に関する相談対応がメインですが、場合によってはレジ打ちや棚卸しなどの業務も行います。

行政機関における薬剤師の仕事は、薬事法、感染症法、食品衛生法などの法律に基づいた指導を行うのがメインです。主に医薬品や麻薬、薬物などの指導を行います。行政機関での求人としては、保健所薬剤師や学校薬剤師、麻薬取締官、自衛隊薬務官が挙げられます。

最後に製薬会社などの一般企業です。製薬会社では、薬剤師としての専門的な知識を生かしてMRとして働く人が少なくありません。MRは病院や薬局などを訪問し、医療法医薬品の情報提供を行い薬剤の適正な使用を促したり、新薬が開発された際には売り込みを行ったりします。

最新の薬の知識も学べ、新薬の効き目や安全性の確認など薬剤師として専門性の高い業務に携わるケースも多いでしょう。MRだけでなく、企業内のコールセンターなどで顧客の相談対応を担う場合もあります。主に、他の薬やサプリメントとの飲み合わせなど薬や生活習慣に関する質問への対応を行うことが多いでしょう。

このように、薬剤師として求められる職場は数多く存在し、それぞれ給与や待遇、求められる内容も異なります。調剤業務をメインに行う仕事であれば最新の薬やジェネリック薬についての扱いを知る必要があるでしょう。また一般企業のコールセンターでの業務では接遇やマナーが求められます。

さらに勤務体系や男女比、同じ職場で働く人の数によっても環境は大きく異なります。働く人数が少ない職場では代わりの薬剤師がいないために休みが取りにくかったり、反対に働いている人が多ければ急な休みも取りやすい環境である可能性が高いかもしれません。

また、仕事に求めるものによっても選択肢は狭まってくるでしょう。調剤業務や服薬指導をメインに行いたいのか、それとも薬剤師の資格を生かして別の業務にも携わりたいのか、自分が目指す働き方によって求人を絞り込むと良いかもしれません。

仕事を探す際には保育園問題も解決しなければならない

薬剤師に限らず、仕事をするのであれば、子どもの預け先を考えなければなりません。希望する勤務形態や時間にもよりますが、未就学児の場合、預け先として保育園を選ぶ人がほとんどでしょう。しかし、ここで立ちはだかるのが待機児童の問題です。

保育園に入園を希望しても、必ずしも入れるとは限らないのです。フルタイムの共働きでも入園できない事態が起こりうる中では、求職中という状態は入園の基準としては低く、空きがなければ入園することは不可能でしょう。

しかし、預け先がない状態で仕事は始められません。ここで、仕事をしていないと保育園に入園できないけれど、保育園に預けられなければ働けないというジレンマが生じます。ここをどうクリアするかが問題です。運良く保育園に空きがあれば良いですが、ない場合は家から遠くても空きのある保育園を見つけるか、希望する勤務先の近くに保育園がないかチェックしてみましょう。

薬剤師ならではの保育園の選択肢もある

保育園問題を解決しないことには薬剤師として働くことも難しくなりますが、求人とともに保育園を探す方法もあります。それは、保育園や託児所完備の求人を探すことです。特に病院では、そこで働く医師や看護師など医療従事者の子どもを預かる保育園・託児所が併設されていることが多いため、求人の条件として調べてみると良いでしょう。

ただし、医師や看護師の子どもが優先されるため、薬剤師も利用できるのか事前に相談することが重要です。

保育園に入った後のことも考える

無事保育園が決まったからといって、安心はできません。子どもは体調を崩しやすく、急な発熱で保育園からお迎えの呼び出しがかかったり、休まなければならなかったりすることも少なくないものです。その際にどういう対応を取るか、預ける前から家族内で話し合い、職場に伝えておくことが重要でしょう。

実際に働き始めるまでに職場内の雰囲気を知っておくことも大切です。小さな子どもを育てている人が多い職場であれば、そうした急な休みや早退にも対応してくれる可能性は高いでしょう。

ママでもあり薬剤師でもある自分を誇ろう

薬剤師は子どもを持つママにとっては給与も高く、待遇の選択肢も多い理想的な職種と言えます。しかし、働くとなると保育園の問題や家庭との両立の問題、さらには仕事への責任など、薬剤師以外の仕事に就いていたとしても突き当たる壁が待ち構えています。

まずは仕事と家庭との両立や完璧を目指すのは止め、仕事も育児も家事も、できるだけ楽しもうという気楽な気持ちでとらえてみてはいかがでしょうか。